雪沓(ゆきぐつ)三冬

【子季語】
藁沓、深沓、爪籠
【解説】
雪上または雪中を歩く時に履く藁製の沓。北陸などの豪雪地帯で 用いられていたが、ゴム製の長靴の出現で過去のものになった。

*

雪沓を履かんとすれば鼠行く
蕪村 「落日庵句集」

鮎焼きの炉辺の雪沓うつくしき
前田普羅 「飛騨紬」

雪沓も脱がで炉辺の話かな
正岡子規 「子規全集」

コメントは受け付けていません。