玉子酒(たまござけ)三冬

【子季語】
卵酒
【解説】
「本朝食鑑」によると、江戸時代の玉子酒は滋養強壮を旨とした 薬酒であったようだ。今では、風邪をひいたときなどに、芯から 体を温めるために飲んだりする。日本酒に砂糖と卵を溶いて適度 に熱したものと、卵と砂糖をまぜたものにアルコールをとばした 酒をくわえたものとがある。

*

いざ一杯まだきににゆる玉子酒
蕪村 「安永四年句稿」

我背子が来べき宵なり玉子酒
尾崎紅葉 「紅葉句稿」

コメントは受け付けていません。