春寒(はるさむ)初春

【子季語】
春寒し、寒き春、料峭
【解説】
春が立ってからの寒さである。余寒と同じであるが、語感や情感 のうえで微妙な違いがある。春寒は、余寒よりも春への思い入れ が強い。

*

春寒し泊瀬の廊下の足のうら
太祇 「太祇句選後篇」

春寒しまだ月のもる梢ども
也有 「蟻づか」

池田より炭くれし春の寒さかな
蕪村 「夜半叟句集」

春寒し風の笹山ひるがへり
暁台 「暁台句集」

春寒やぶつかり歩く盲犬
村上鬼城 「定本鬼城句集」

春寒し人熊笹の中を行く
前田普羅 「飛騨紬」

格子戸をはめし岩屋や春寒し
松本たかし 「たかし句集」

春寒や竹の中なる赫映(かくや)姫
日野草城 「花氷」

春寒く海女にもの問ふ渚かな
加藤楸邨「雪後の天」

コメントは受け付けていません。