冬旱(ふゆひでり)三冬

【子季語】
寒旱
【解説】
旱といえば夏だが、冬の日本の太平洋側は、一年のうちで雨量が 最も少なくなり旱魃になりやすい。水不足のために生活に不便を 感じたり野菜の出来が悪くなったりする。

コメントは受け付けていません。