椋鳥(むくどり)三秋

【子季語】
むく、白頭翁、小椋鳥
【解説】
春から夏にかけて東北、北海道地方で繁殖し、秋に関東以北西に 群れをなして移る。椋の実を好んで食べ、栴檀、水木、柿、野茨 の実や花蓼の種なども食べる。益鳥である。

*

椋鳥や枝に来るほど木の葉散る
桃水 「新類題発句集」

椋鳥や分れて戻る二羽三羽
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。