餅筵(もちむしろ)暮

【子季語】
青筵
【解説】
のし餅や鏡餅を厚板の台から移しておく筵。普通の荒筵だが、新 しくきれいなものを使う。のし餅が手ごろの堅さになった時、餅 筵からとって適当な大きさに切る。

*

青かりし時より清し餅筵
蓼太 「発句題叢」

餅筵踏んで仏に灯しけり
岡本松浜 「新春夏秋冬」

コメントは受け付けていません。