蜻蛉生る(とんぼうまる)仲夏

【子季語】
やご、やまめ、太鼓虫、蜻蛉の子
【解説】
蜻蛉の幼虫は「やご」といわれ、水中に棲む。その期間は短いも ので約二ヶ月、普通は一~二年ほどである。このやごが成虫にな ることを「蜻蛉生る」という。葦の茎や水辺の草にのぼり羽化し て空中に飛び立つ。

*

藺を伝ひ生るる蜻蛉に水鏡
松本たかし 「火明」

コメントは受け付けていません。