霜焼(しもやけ)晩冬

【子季語】
霜腫、霜焼薬
【解説】
強い寒気にあって生じる軽い凍傷のこと。患部にかゆみを感じ、 物にすれたり掻いたりすると、血が出ることもある。

*

霜やけや武士の娘の水仕事
正岡子規 「季語別子規俳句集」

霜やけの手より熬豆こぼしけり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

京も終霜やけ薬貝に盛る
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。