秋日和(あきびより)三秋

【解説】
秋のよく晴れた一日をいう。風もなくおだやかなので外で過ごす のも気持ちよい。空気が澄んでいるため視界も広がり、風景など もはっきりと見える。

*

朝東風やほのかに見ゆる秋日和
大魯 「蘆陰句選」

秋日和鳥さしなんど通りけり
白雄 「白雄句集」

栃の実のこぼるる秋の日和かな
斗栗 「蓬路」

刈株のうしろの水や秋日和
一茶 「享和句帖」

鳥海にかたまる雲や秋日和
正岡子規 「季語別子規俳句集」

林中に徑幾すぢや秋日和
原石鼎 「花影」

みじろぎにきしむ木椅子や秋日和
芝不器男 「芝不器男句集」

山寺の天井までも秋日和
星野立子「鎌倉」

コメントは受け付けていません。