冬めく(ふゆめく)初冬

【解説】
町のたたずまいや山野の眺めばかりでなく、雨や風、空気なども 冬らしくなること。人の何気ないしぐさなどにも冬の訪れを感じ ることがある。

*

冬めくやうき身さみしく頬かむり
清原枴童「ホトトギス雑詠選集」

枝葉鳴るあした夕べに冬めきぬ
室積徂春 「ゆく春」

冬めくやこゝろ素直に朝梳毛
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。