冬の川(ふゆのかわ、ふゆのかは)三冬

【子季語】
冬川、冬川原、寒江、氷江
【解説】
冬はしだいに川の水が減ってゆき、いつしか流れも細くなる。草が 枯れ、川原は広くなったようにも感じられる。

*

冬川や筏のすわる草の原
其角 「雑談集」

冬川や木の葉は黒き岩の間
惟然 「惟然坊句集」

冬川や仏の花の流れ来る
蕪村 「蕪村遺稿」

冬川や芥の上の朝の霜
几董 「晋明集二稿」

冬川の菜屑啄む家鴨かな
正岡子規 「寒山落木」

冬川やのぼり初めたる夕芥
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。