春分(しゅんぶん)仲春

【子季語】
中日、時正
【解説】
二十四節気のひとつ。太陽暦の三月二十一日の頃にあたり、太陽の中心が春分点を通過する。太陽は真東から昇り、真西に沈んで、昼と夜の長さがほぼ等しくなる。この日を境に昼の時間が次第に長くなっていく。春の彼岸の中日で、このころからいよいよ暖かくなってゆく。

*

時正の日猟師の茶の子貰ひけり
嘯山 「葎亭句集」

コメントは受け付けていません。