楓の芽(かえでのめ、かへでのめ)仲春

【解説】
早春、楓は枝先に紅色のやわらかな新芽を吹く。他の木々に先がけて芽吹くもののひとつで、鮮やかな紅の芽がほどけてゆくさまはことのほか印象的。

*

二つづつ芽をつけてゐる楓かな
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。