秋の服(あきのふく)三秋

【子季語】
秋の帷子
【解説】
秋も半ばを過ぎ、気温も下がってくると、袷など裏地のついた服を着るようになる。布地も厚くなり、色合いは落ち着いたものとなる。ベージュや白なども春や夏とは彩度の違う、渋い色味となる。

コメントは受け付けていません。