ちゃんちゃんこ 三冬

【子季語】
袖無羽織、猿子、でんち、袖無
【解説】
袖無し羽織に綿を入れたもので、主に子供や老人が着る。表布には縮緬や綸子、紬、木綿などが用いられる。袖がないので動きやすく、背中があたたか。手が自由になり、脱ぎ着が楽で重ね着もできることから働くときの防寒着としても重宝された。

コメントは受け付けていません。