冬瓜(とうが、とうぐわ)初秋

【子季語】
とうがん、かもうり、冬瓜汁
【解説】
熱帯アジア原産のウリ科の一年草。果実は淡緑色、楕円形でとても大きい。熟して淡緑色の外皮が白いろう質におおわれた頃に収穫する。長い貯蔵に耐え、半年ほどももつという。煮食、葛あんかけ、汁の実などにして食べる。白い果肉は煮ると透きとおって涼しげ。淡泊な味わいで、独特の食感がある。

*

冬瓜やたがひにかはる顔の形
芭蕉「西華集」

冬瓜汁空也の痩を願ひけり
白雄 「白雄句集」

冬瓜のころげて荒るる畠かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

冬瓜は石の枕のごとくあり
長谷川櫂 「果実」

透けるともなく冬瓜の煮上がりし
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。