乾鮭(からざけ)三冬

【子季語】
干鮭
【解説】
鮭の腸をとって、塩を振らずに素乾(しらぼし)にしたもの。保存食のひとつで北海道、青森、秋田などでつくられ、軒下や屋根の上で干された。

*

雪の朝独り干鮭を噛み得たり
芭蕉 「東日記」

乾鮭や琴の斧うつひゞきあり
蕪村 「蕪村句集」

手さぐりや乾鮭はづす壁の釘
道彦 「蔦本集」

から鮭の口はむすばぬをならひかな
白雄 「白雄句集」

乾鮭の切口赤き厨かな
正岡子規 「子規全集」

乾鮭のかりついてゐる柱かな
夏目漱石 「漱石全集」

乾鮭に弓矢の神を祭りけり
寺田寅彦 「寺田寅彦全集」

乾鮭や天秤棒にはねかへる
村上鬼城 「鬼城句集」

手燭して乾鮭切るや二三片
前田普羅 「普羅全集」

鮭といふ一本の朱乾びけり
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。