蚤(のみ)三夏

【子季語】
蚤の跡
【解説】
褐色で、体長およそ二~三ミリほどの小さな昆虫。翅はないが脚が発達していて驚くほどの跳躍力がある。ほ乳類や鳥類に寄生して血を吸う。刺されたところはひどく痒くなる。ペストなどの伝染病を媒介することがある。「蚤の夫婦」といわれるように雄より雌のほうが大きい。

*

蚤虱馬が尿する枕もと
芭蕉 「奥の細道」

山の姿蚤が茶臼の覆かな
芭蕉 「蕉翁全伝」

痩せ蚤の這ひ出る肩や旅枕
丈草 「幻の庵」

ここもはや馴れて幾日ぞ蚤虱
惟然 「菊の香」

切られたる夢は誠か蚤の跡
其角 「花摘」

蚤の迹それも若きはうつくしき
一茶 「七番日記」

旅やすし蚤の寝巻の袖たたみ
正岡子規 「子規句集」

庵主の淋しく蚤をふるひけり
村上鬼城 「定本鬼城句集」

蚤はずむ畳ながらに日の出かな
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。