火鉢(ひばち)三冬

【子季語】
瀬戸火鉢、鉄火鉢、箱火鉢、長火鉢
【解説】
暖房器具のひとつ。その中に炭を熾し、手足を焙って暖をとる。木製、金属製、陶製などがある。部屋全体や全身を温めることはむずかしいが、五徳を立てて鉄瓶などをかけたり、燗をつけたりと暮らしになじみ深いものだった。今では他の暖房器具にとってかわられ、ほとんど見かけなくなったが、真っ赤に熾った炭火の色は懐かしい。

*

舟君の泣くかほみゆる火鉢かな
蓼太 「蓼太句集三編」

うき時は灰かきちらす火鉢かな
青蘿 「青蘿発句集」

ぼんのくぼ夕日にむけて火鉢かな
一茶 「享和句帖」

明ほのゝ番所にさむき火鉢かな
露川 「小弓俳諧集」

独居やしがみ火鉢も夜半の伽
秋色女 「いつを昔」

客去つて撫る火鉢やひとり言
嘯山 「葎亭句集」

火鉢抱いて瞳落とすところ只畳
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。