鞴祭(ふいごまつり)仲冬

【子季語】
吹革祭、鍛冶祭、踏鞴祭、稲荷の御火焚、蜜柑撒
【解説】
鍛冶屋、刀工、鋳物師など鞴を使う職人たちが、陰暦十一月八日に火を休め、一年の安全と商売の繁盛を願うお祭。酒を酌み交わしたり、近所の子どもたちに蜜柑をまいたりする。

*

里並みに藪のかぢ屋も祭かな
一茶 「文化句帖」

ふいごうも祭るやかねをふくの神
季吟 「山之井」

屏風絵の鞴祭の絵解きなど
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。