木蓮(もくれん)仲春

【子季語】
木蘭、もくれんげ、紫木蓮、白木蓮、はくれん
【解説】
モクレン科の落葉高木。春、葉に先立って花をつける。白炎のような花を咲かせる白木蓮と、外側が紫、内側が白色の紫木蓮があり、紫木蓮の方が開花時期が少し遅い。

*

此門の勅額古し木蓮花
内藤鳴雪 「鳴雪句集」

はくれむや起ち居のかろき朝来たり
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

はくれむに夕日の金の滴れり
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

木蓮の花びら風に折れてあり
松本たかし 「たかし句集」

木蓮の落ちくだけあり寂光土
川端茅舎 「定本川端茅舎句集」

木蓮の軒くらきまで咲にけり
原石鼎 「原石鼎全集」

コメントは受け付けていません。