鉦叩(かねたたき) 初秋


【解説】
バッタ目カネタタキ科の昆虫。体長一センチほどで、雌には羽がない。鳴き声が鉦を叩く音に似ていることからこの名がある。八月下旬頃から鳴き始め初冬まで鳴き続けることもある。
*

月の虫鉦を叩いて穴に居り
渡辺水巴 「水巴句集」

月出でて四方の暗さや鉦叩
川端茅舎 「川端茅舎句集」

暁は宵よりさびし鉦叩
星野立子「立子句集」

紀の国に闇大きかり鉦叩
森澄雄 「空艪」

コメントは受け付けていません。