黄水仙(きずいせん)仲春

【解説】
江戸時代に渡来した南ヨーロッパ原産のヒガンバナ科の多年草。観賞用として庭などに植えられ、切花としても用いられる。三、四月ころ、細長い葉の間から茎を立て、その頂点に黄色い花を咲かせる。

*

黄水仙に尚霜除のありにけり
長谷川零余子 (ホトトギス)

咲き疲れひれ伏しにけり黄水仙
松本たかし 「松本たかし句集」

甘皮のなかにつぼみて黄水仙
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。