源五郎(げんごろう、げんごらう)三夏

【子季語】
源五郎虫
【解説】
水田、池、沼などに生息するゲンゴロウ科の昆虫。楕円形で体長は三センチくらい。後脚二本を一緒にうごかし移動する。一部の地方では食用にされるほど多かったが、現在は農薬の散布や護岸工事などで数が減っている。子供の疳の虫に効くともいわれている。

コメントは受け付けていません。