隠元豆(いんげんまめ)初秋

【子季語】
菜豆、唐?、隠元?、莢隠元、鶉豆
【解説】
南アメリカ原産。明の僧隠元禅師が持ち込んだのでこの名が付いたといわれている。細長い莢が青く軟らかいうちは莢隠元として料理に使われ、熟した豆は煮たりキントンなどの料理に使われる。

*

摘み摘みて隠元いまは升の先
杉田久女 「杉田久女句集」

塀内や一つの垣の隠元豆
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。