羽子(はね)新年

hane-ph【子季語】
胡鬼の子、羽ごの子、羽子つき、羽子つく、つくばね、飾羽子、羽子日和、串羽子
【解説】
むくろじの実に竹ひごをさしその先に雉や鴨の羽根をつけたもの。室町時代の「こぎ(胡鬼)の子勝負」が羽根突きの起源といわれ、「こぎ(胡鬼)の子」が現在の羽子にあたる。羽子の飛ぶ姿が病気を運ぶ蚊を食べるとんぼに似ていることから子供が蚊に刺されないお守りともされた。

*

羽ごの子や落くる空に筑波山
蓼太 「蓼太句集三編」

つく羽の下りる際なり三日の月
一茶 「七番日記」

その中に羽子つく吾子の声すめり
杉田久女 「杉田久女句」

前髪に二つはさむや羽根大事
村上鬼城 「鬼城句集」

産土神や羽子日和なる山の端に
松本たかし 「野守」

コメントは受け付けていません。