穭田(ひつじだ、ひつぢだ)晩秋

【解説】
刈り取った後の稲の切り株一面に、青々とした稲がふたたび生え出た田をいう。
*

ひつぢ田に紅葉ちりかかる夕日哉 
蕪村 「蕪村句集」

ひつぢ田の案山子もあちらこちらむき
蕪村 「夜半叟句集」

ひつぢ田や青みにうつる薄氷
一茶 「寛政句帖」

コメントは受け付けていません。