半夏生(はんげしょう、はんげしやう)仲夏

【子季語】
半夏、半夏水、半夏雨、半夏生ず
【解説】
七十二候の一つ。夏至から十一日目に当たる日、太陽暦では、七月二日頃となる。かつては田植の終期とされた。ドクダミ科の多年草半夏生草が生える頃なのでこの名があると言われる。

*

汲まぬ井を娘のぞくな半夏生 
言水 「浦島集」

コメントは受け付けていません。