冬紅葉(ふゆもみじ、ふゆもみぢ)初冬

【子季語】
残る紅葉
【解説】
周辺が枯れを深めるなかの紅葉であり、また、冬になってから色が際立ってくる庭園や寺社などの紅葉でもある。

*

侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉
才麿 「難波曲」

十分に紅葉の冬と成にけり
暁台 「暁台句集」

下りざまに又鐘きくや冬もみぢ
几董 「井華集」

夕映に何の水輪や冬紅葉
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。