枯蔦(かれづた)三冬

【子季語】
蔦枯る
【解説】
葉が枯れ落ちて蔓だけになった蔦。壁面を這う蔓は独特の模様を描き出す。枯蔦の這う洋館や山野の樹々は荒涼とした冬の姿そのものである。

*

蔦かれて壁に音する嵐かな
軒秋 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。