柿紅葉(かきもみじ、かきもみぢ)晩秋

【解説】
柿の葉が紅葉すること。柿の葉の本来の緑に赤や黄や茶などさまざまな色が入り混じって美しくいろづく。
*

渋柿はおのが手染めか村紅葉
宗鑑 「俳諧初学抄」

あと先に人声遠し柿紅葉
暁台 「暁台句集」

祭にも鐘つく村や柿紅葉
紫暁 「春坡日記」

渋柿も紅葉しにけり朝寝坊 
一茶 「文化句帖補遺」

降つてすぐ乾く瓦や柿紅葉
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。