形代(かたしろ)晩夏

【子季語】
人形、祓草、祓物、撫物、形代流す、麻の葉流す
【解説】
紙や板などを切り取って人の形に似せたもの。それに触れたり息を吹きかけたりして、災厄を乗り移らせる。祓や祈祷が終ったあと、川や海に流す。流し雛や祭の時の神霊の代わりにする人形も言う。

*

形代やつくれる罪も夏痩せも
嘯山 「葎亭句集」

形代にさらばさらばをする子かな
一茶 「文政八年句帖」

麻の葉に借銭書て流しけり
一茶 「七番日記」

流すめり風ふきたまる麻の葉を 
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。