新松子(しんちぢり)晩秋

【子季語】
青松笠
【解説】
今年できた松毬をいう。鱗片がすきまなくきっちりとつまり、匂いたつようである。瑞々しく、清しい。

*

かしこまる膝の松子ぞこぼれける
才麿 「椎の葉」

松笠の青さよ蝶の光り去る
北原白秋 「竹林清興」

コメントは受け付けていません。