赤蜻蛉(あかとんぼ)三秋


【子季語】
赤卒、秋茜、深山茜、眉立茜、のしめ、のしめ蜻蛉、猩々蜻蛉、姫茜
【解説】
アカトンボ類の俗称で、一般には赤い蜻蛉のことを言う。幼虫は水田などのたまり水に棲む。初夏に成虫となり、羽化後まもなく高山に移動する。初秋にふたたび平地に下りて産卵する。十一月頃まで見られる。

*

染めあへぬ尾のゆかしさよ赤蜻蛉
蕪村 「落日庵句集」

赤蜻蛉飛ぶや平家のちりぢりに
正岡子規 「子規句集」

から松は淋しき木なり赤蜻蛉
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉
夏目漱石 「漱石句集」

コメントは受け付けていません。