鶯餅(うぐいすもち、うぐひすもち)初春

【解説】
餅または求肥に餡を包み、青黄粉をまぶした和菓子。この色が春らしく、鶯に結びついたのだろう。両端をとがらせ、鶯の形に似せたものもある。

*

鶯餅の持重りする柔かさ
篠原温亭 「温亭句集」

コメントは受け付けていません。