蟷螂枯る(とうろうかる、たうらうかる)初冬

【子季語】
枯蟷螂
【解説】
蟷螂は、あたりが枯れゆくに従って保護色の枯葉色に変わってゆく。しだいに生気もなくなりやがて死に至る。この様態を蟷螂枯るという。

コメントは受け付けていません。