葉鶏頭(はげいとう)三秋

【子季語】
雁来紅、かまつか
【解説】
ヒユ科の一年草。茎は一~二メートルほどの高さになる。秋、茎の上部の葉が、赤や黄、紫紅色に色づく。それが雁の渡る頃になるので雁来紅ともいう。

*

まだ夏の心ならひや葉鶏頭
嵐雪 「或時集」

岡崎は祭も過ぎぬ葉鶏頭 
史邦 「芭蕉庵小文庫」

葉鶏頭のいただき躍る驟雨かな
杉田久女 「久女句集」

コメントは受け付けていません。