稲扱(いねこき)仲秋

【子季語】
稲打、脱穀、脱穀機、稲扱筵、稲扱機、稲埃
【解説】
実った稲穂から籾をこき落すこと、またはその道具。手作業から足踏み稲扱機、電動式脱穀機へと移り、最近は刈りながら脱穀もする稲刈機が普及している。

*

稲こくやひよこを握る藁の中
其角 「渡鳥」

いねこきも木陰つくるや松の下
野坡 「野坡吟艸」

渋柿の下に稲こく夫婦かな
夏目漱石 「漱石全集」

ふくやかな乳に稲扱く力かな
川端茅舎 「春水光輪」

コメントは受け付けていません。