落し文(おとしぶみ)三夏

【子季語】
時鳥の落し文、鶯の落し文
【解説】
オトシブミ科の昆虫の総称。初夏、櫟、楢、楡、などの広葉樹の葉を筒状に巻いてその中に産卵し地上に落す。この筒状の葉を落し文に見立てた。  

*

音立てて落ちてみどりや落し文
原石鼎 「花影」

落とし文ありころころと吹かれたる
星野立子「笹目」

コメントは受け付けていません。