雨蛙(あまがえる、あまがへる)三夏

【子季語】
枝蛙
【解説】
体長四センチくらいの小さな蛙で、愛らしく目立つ。雨が降りそうになると、大きな声で鳴くのでその名がついたらしい。体の色は緑から茶色に変わる。水かきは後足にだけある。

*

村雨に出づるや須磨のあま蛙
信徳 「鸚鵡集」

雨蛙芭蕉にのりてそよぎけり
其角 「句兄弟」

火を打てば軒に鳴合ふ雨蛙
丈草 「渡鳥集」

鳴いて知りぬ石蕗の若葉の雨蛙
素丸 「素丸発句集」

コメントは受け付けていません。