涼風(すずかぜ)晩夏

【子季語】
風涼し
【解説】
夏の終わり頃に吹く涼しい風のこと。 晩夏になると夏型の気圧配置がくずれて、暑い風とは異なった風が吹く。肌に涼気を感じる風である。

*

涼風やほの三日月の羽黒山
芭蕉 「奥の細道」

涼風や虚空にみちて松の声
鬼貫 「鬼貫句選」

涼風に消ゆる小雲の宿りかな
丈草 「龍ヶ岡」

涼風や峠に足をふみかける
許六 「韻塞」

涼風を青田におろす伊吹かな
支考 「笈日記」

涼風や我にふるるも惜しまるる
樗良 「仏の座」

涼風や寄る辺もとむる蔓のさま
臼田亜浪 「亜浪句集」

涼風の一塊として男来る
飯田龍太 「遅速」

コメントは受け付けていません。