秋の朝(あきのあさ)三秋

【子季語】
秋朝
【解説】
立秋を過ぎると、残暑が厳しくとも、朝夕は爽やかとなる。秋の朝というとその頃の印象が強い。仲秋から晩秋にかけては肌寒さを感じる朝も多くなる。

*

砂の如き雲流れ行く朝の秋
正岡子規 「子規句集」

桑の葉に秋の朝雲定まらず
原月舟 「月舟全集」

秋朝や痛がりとかす縺れ髪 
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。