色なき風(いろなきかぜ )三秋

【子季語】
風の色、素風
【解説】
秋の風のこと。「色なき」とは、花やかな色や、艶のないこと。久我太政大臣雅実の「物思へば色なき風もなかりけり身にしむ秋の心ならひに」の歌にもとづく。

*

縁の日に色なき風のわたるかな 
上川井梨葉 「梨葉句集」

コメントは受け付けていません。