五月晴(さつきばれ) 仲夏

【解説】
もともとは梅雨の時期の晴天のこと。陽暦五月のさわやかな晴天とは意味を異にする。炎暑の訪れを予感させる晴れである。

*

朝虹は伊吹に凄し五月晴れ
麦水 「葛箒」

抱きおこす葵の花やさ月ばれ
蝶夢 「草根発句集」

虻出でよしやうじの破れの五月晴れ
一茶 「七番日記」

うれしさや小草影もつ五月晴
正岡子規 「子規句集」

小舟して洗ふ画舫や五月晴 
寒川鼠骨 「寒川鼠骨集」

コメントは受け付けていません。