斑猫(はんみょう、はんめう)三夏

【子季語】
道をしえ、みちしるべ
【解説】
体長二センチくらいの美しい甲虫。昆虫を捕食する。飛ぶ仕草が道案内をするように見えることから道おしえという。

*

道をしへ一筋道の迷ひなく
杉田久女「杉田久女句集」

斑猫や松美しく京の終
石橋秀野 「桜濃く」

つんつんと遠ざかりけりみちをしえ
星野立子「立子句集」

コメントは受け付けていません。