寒晒(かんざらし)晩冬

【子季語】
寒曝、寒晒粉
【解説】
穀物などを粉にして水に漬けた後、陰干しをして寒気に晒すこと。白玉粉などを作るための作業である。水に漬けるのは不純物を除去するためで、寒い時季にやるのは、雑菌の繁殖を防ぐためでもある。

*

寒晒土用のなかをさかりかな 
許六 「篇突」

手足まで寒晒しなる下部かな
一茶 「八番日記」

毎夜さの槙の嵐や寒晒
子静 「発句題叢」

コメントは受け付けていません。