大根引く(だいこんひく)初冬

【子季語】
だいこひき、大根馬、大根舟、大根車 
【解説】
大根を収穫すること。晩秋から初冬にかけて葉を両手で持って、畑から抜き取る。雪の中の作業になることもある。

*

鞍壺に小坊主乗るや大根引
芭蕉 「炭俵」

出女に投げて通るや大根引
許六「宇陀法師」

伊吹には雪こそ見ゆれ大根引
支考 「草苅笛」

大根引馬おとなしく立眠り
鬼城 「定本鬼城句集」

たらたらと日が真赤ぞよ大根引 
川端茅舎 「川端茅舎句集」

白砂のやうな陽を浴び大根引
高田正子 「玩具」

コメントは受け付けていません。