暑気中り(しょきあたり)晩夏

【子季語】
暑さあたり、暑さ負け
【解説】
体が、夏の暑さに負けること。抵抗力が弱くなり、病気になることもある。食欲不振や倦怠感を伴い、ぐったりとしてしまう。

*

古妻の遠まなざしや暑気中り
日野草城 「銀」

コメントは受け付けていません。