霜柱(しもばしら)三冬


【子季語】
霜くずれ
【解説】
寒い冬の夜などに、毛細管現象によって地上へ上昇してきた地中の水分が、地表のすぐ下で凍るもの。直径二~三ミリの氷柱が束になって上方へ伸び、土を押し上げる。長いものでは十センチ以上にもなる。

*

消えてかなし老の杖にも霜ばしら
重頼 「桜川」

霜柱ほそくからびたる日影かな
惟中 「俳諧三部抄」

縄帯の悴いくつぞ霜柱
一茶 「七番日記」

土ともに崩るる崕(がけ)の霜柱
正岡子規 「寒山落木」

枯れ尽す菊の畠の霜柱
正岡子規 「寒山落木」

霜柱そだちし石のほとりかな
川端茅舎 「現代俳句文学全集」

霜柱どの一本もめざめをり
加藤楸邨「怒濤」

霜柱次第に倒れいそぐなり
松本たかし 「石魂」

霜柱倒るる光明滅し
松本たかし 「石魂」

霜柱俳句は切字響きけり
石田波郷

霜柱いたくな立ちそ猫の墓
長谷川櫂 「蓬莱」

霜柱踏んで達磨ををさめけり
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。