銀杏散る(いちょうちる、いてふちる)晩秋

【解説】
黄色く色づいた銀杏が落葉すること。みるみる散ってゆく様は壮観であり、地面は黄色一色になる。

コメントは受け付けていません。